1. TOP
  2. 劇団可燃物 「まよなかの くさりは べっこうの すいかずら」10/27~上演!

劇団可燃物 「まよなかの くさりは べっこうの すいかずら」10/27~上演!

告知・宣伝 舞台
この記事は約 4 分で読めます。

『∀ガンダム』などの脚本で知られる浅川美也氏が作/演出の劇団可燃物の第30回公演「まよなかの くさりは べっこうの すいかずら」が、10月27日より新井薬師のウエストエンドスタジオで上演されます。

小劇場へ観劇にいってみませんか?

2.5次元ミュージカルや舞台が人気となってきた最近、地下劇場とも言われる小劇場で観劇に興味がある人は少なくないと思います。

しかし、この規模の劇場で上演する劇団というのはレベルがマチマチで、中には演技がうまい役者と素人同然の役者が混ざっているようなバランスの悪い劇団や、脚本も演出も悪くないのに観終わった後にどこか残念な感覚を憶える劇団も多々あります。

それも全て承知の上でむしろそれがいいんだよ!と言えるような人は、既にこういった劇場に足を運んでいる人でしょう。

でも、興味はあるけど時間も金も無駄にするような事はしたくない。
だから、興味があってもこういったレベルの劇場の作品には行きづらい。

そういった小劇場観劇の初心者にも、色々な劇団を見慣れた人にも、堂々とおすすめしたいのがこの劇団可燃物の作品です。

 

劇団可燃物は1992年に旗揚げされた劇団。

筆者は第20回公演から観劇している、最近のいちファンに過ぎないのですが、とにかくこの劇団の作品のパワーは凄いとしかいいようがありません!

役者のレベルが高く、演技力が気になって作品に入り込めないという事はまずない。
むしろ、とんでもないキャラ設定にも関わらず、こんな人いるかも!と思えてしまうから困ってしまいます。

これは演出と役者の力があるからこその感覚です。

配役も毎回とても絶妙で!

例えば過去公演の作品の再演時に配役が前回と変わり、キャラの雰囲気も演出も変わったとしても、
その時の上演時に違和感が全くなく、また新しいキャラ、作品として観られるのも凄いことです。

そして、演劇の命とも言える脚本も、笑いと涙のふり幅が絶妙!
これまで観てきた演目は、毎回、感情をいい意味で弄ばれる話ばかりでした。

とにかくハズレがない!

観終わった後に、どこか切なくも熱いものを感じる…それが劇団可燃物の作品です。

ですので、今回の演目も安心して期待できると思っています。

つい、紹介が熱くなってしまいましたが…

まずは気軽にフラっと観に行って、この劇団が創り出す世界をぜひ体感してみてはいかがでしょうか。

帰るころにはこの世界が違って見えるかもしれません。

そんな筆者一押し

劇団可燃物の第30回公演の詳細はこちら

2016年10月27日(木)~10月30日(日)

劇団可燃物 第30回公演

よなかの さりは っこうの いかずら

作/演出 浅川美也

劇団可燃物チラシ

 

■あらすじ

仕事一筋、出世街道を走り続けてきた幕部聖(まくべ ひじり)。

アラフォー。独身。恋は二の次三の次。

ある日、会社のトイレで三人の掃除婦たちの噂話を耳にする。

 

『次期社長は幕部さんね』

 

たわいもない噂話。

だが、彼女の出世欲に小さな火が灯る。

現社長を失脚させ、自身がその座に納まる計画を思いつく。

それは会社員として、人として、手を染めてはならぬ、汚いやりやり口。

躊躇する聖の背中を押したのは、彼女が尊敬する最愛の父親だった。

 

『聖。お前は社長になるべき人間。それだけの器も才覚もある。俺の娘なのだから』

 

『パパの夢は私の夢。私は会社のトップに登り詰める!』

 

気持ちを一つに計画を実行する聖と父。

それは破滅への道を歩み始める第一歩だった。


シェークスピアのマクベスを、舞台を現代に、主人公を女性に、各所色々と強引に書き換えた!

マクベスを知ってる人も、知らない人も楽しめる、可燃物がお送りする物語。

悲劇と感じるか、喜劇と笑うか。

それはお客様次第。

 

■会場

新井薬師/ウエストエンドスタジオ
http://www.studio-life.com/westend/index.html

■詳細&お問合せはこちら

劇団可燃物公式サイト:http://pika.to/kanen/

Twitter:@kanenbutsu

※この記事に使用されている画像については ©劇団可燃物 となります 無断転載・引用を固く禁止いたします

\ SNSでシェアしよう! /

layers style | オタクライフハックの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

layers style | オタクライフハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

優

管理人兼編集長。10代半ばより同人誌即売会やコスプレイベントの運営スタッフ経て、フォトアートのプロデュースやモデルなどの活動を行う。後戻りできなくなった黒歴史だらけの人生を満喫中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 首藤司個展「VIOLATE BLACK」初日レポート

  • 首藤司個展「VIOLATE BLACK」直前インタビュー

  • CanCam7月号&美的7月号 スマホライトを使ってみた

  • キモオタ改善!男だって身だしなみチェック!

関連記事

  • 造形作家MAKIの粘土塾!ハロウイン小物(10月)/胸像コース(11月~)【受付中】

  • 首藤司個展「VIOLATE BLACK」直前インタビュー

  • 首藤司(オニツカセージ)個展「VIOLATE BLACK」2017年春頃開催!

  • 【続報!】首藤司(オニツカセージ)個展「VIOLATE BLACK」開催日、会場が決定!