1. TOP
  2. 100均アイテムで作る撮影ライト【作ってみた】

100均アイテムで作る撮影ライト【作ってみた】

自宅で小物やフィギュアを撮影するときに、きれいな写真を撮りたい!

そう思った時に意外と苦労するのがライティングだったりします。
スマホのフラッシュだと明るすぎるし、雑誌のオマケだとちょっと光量が足りない…

そんなお悩み解消に今回は100均アイテムで安く簡単に撮影ライトを作る方法を公開します。

準備するもの

  • タッチライト
  • ライト用の電池
  • 三脚
  • テープ
  • トレーシングペーパー

今回はすべてセリアで購入しましたが、ダイソーでも同じものをそろえることができます。
(その他の100均さんは調査していません、ごめんなさい)

作り方

ライトを2つに重ねて、トレーシングペーパーを二重にしたものをテープで貼ります。

この時に、トレーシングペーパーはライトに巻き付けるのではなく、少したるませるように余裕をもって貼ってください。

なぜトレーシングペーパーをまくの?

これは光を拡散させるためです!

下の写真を比べてみてもらえると判ると思いますが、こんなにも違うんです。

  • トレーシングペーパーなし

  • トレーシングペーパーあり

ちなみに、この上に色付きセロファン紙をまくとカラーライトにもできます。

三脚に取り付けて完成

三脚に挟まなくてもOKなのですが、背の高い被写体を撮影するときにはあると便利です。

撮影してみよう

簡易撮影ブースで撮影するとこんな感じです。

先ほども書きましたが、こんな感じで三脚がなくても使えますし、被写体に合わせて縦に使うこともできます。

今回は三脚に挟むためと光量を多くとるためにライトを2個にしましたが、環境によっては1つでもいいかもしれません。

自分の撮影スタイルに合わせて、色々調整してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

layers style | オタクライフハックの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

layers style | オタクライフハックの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

優

管理人兼編集長。10代半ばより同人誌即売会やコスプレイベントの運営スタッフ経て、フォトアートのプロデュースやモデルなどの活動を行う。一方で、LGBT系のボランティア活動にも参加。後戻りできなくなった黒歴史だらけの人生を満喫中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【コスプレ】ウィッグ専門店へ突撃取材してきた【レポート】

  • 首藤司個展「VIOLATE BLACK」初日レポート

  • 首藤司個展「VIOLATE BLACK」直前インタビュー

  • CanCam7月号&美的7月号 スマホライトを使ってみた

関連記事

  • キモオタ改善!男だって身だしなみチェック!

  • オタク女子は肌が弱いから化粧をしなくていい?

  • コスプレマナー【シェアスタジオ編】

  • 【東京乙女レストラン】声優料理番組レシピ「ティラミス」【作ってみた】

  • 明治神宮・清正井【行ってきた】

  • 【脱オタファッション】オタク女子の靴【餃子とレースの謎】